** 遺伝のお勉強 **
遺伝について分からない事だらけなのでお勉強してみました。
本を読んだりサイトで知ったことを私なりに解釈している為
間違ってる事もあると思いますが身近なところから攻略して行こうと思います。
間違ってる場合は教えて下さい〜(>_<)/
かんたん解説
グリーン:グリーン遺伝子は優勢遺伝子の為1つ持っているだけで発現する。
クチバシはピンクと黄色のツートン。
オレンジフェイス:グリーン系とほぼ同じ。遺伝子は中間遺伝子です。
1つ持っていると淡い色で2つだとキレイなオレンジ色になります。
クチバシはピンクと黄色のツートン。
ダッチブルー:ダッチブルー遺伝子を2つ持っていると発現する。
シーグリーンと似た色をしているが青みが強い。クチバシは黄色
シーグリーン:ダッチブルーとホワイトフェイスの遺伝子を1つずつ持つと発現する。
オデコはオレンジ色でクチバシはピンクと黄色のツートン。
ホワイトフェイス:ホワイトフェイス遺伝子を2つ持つと発現する。
オデコは白色から薄い黄色でクチバシはピンク色。
ルチノー:♀は1つ♂は2つで発現する。羽根色は性染色体に起因する。
目は赤色。腰羽根は白から薄い水色。
これによりペアによっては生まれた時点でヒナの性別が分かる。
母親がルチノーの場合、♂の子供には強制的に1つ引き継がれるが
♀の子供には受け継がれない。(母親がルチノーの場合オスがルチノー遺伝子を持っていない限りルチノーの子は生まれません)
グリーン系だと赤顔で黄色い体のルチノー、ブルー系だとクリームルチノーになる。
ルチノー系補足:黄色系には色々な言い方があります。こんな感じです。
ルチノー:グリーン系のルチノー(赤顔で黄色いからだ)
イノ:クリームルチノー(ダッチ、シーグリーン)
アルビノ:WFクリームルチノー
体の色が退色し目が赤い(人間は青)子の総称をアルビノと言いますが
鳥さんの場合因子によりさまざまな色が出るので言い方が増えたようです。
シナモン:♀は1つ♂は2つで発現する。目は葡萄目と呼ばれる暗褐色。
遺伝の方法はルチノーと同じ。
ルチノーと比べ緑がかったくすんだ黄色。腰羽は水色。風切りは灰色。
緑が濃いめなのが米シナ、薄めなのが豪シナ。
推測ですが半ルチノー系じゃないかなと思われます。詳しい事は不明。
レースウイング、オーストラリアンイエロー:
ルチノーとシナモンの遺伝子が遺伝子組み換えを起こし発現する羽色。(原因不明) ルチノー1、シナモン1を持つ父親から生まれる可能性があります。 ※100%出るとは限りません。 アメリカンシナモンが入っているとレースウイング。 オーストラリアンシナモンが入っているとオーストラリアンイエロー。 見た目は普通のシナモンとあまり変わらないが腰羽根の色が薄いブルー。 シナモンチーノはこれと同じです。
ダーク因子:羽色を濃くくすんだ色として発現させる遺伝子。
グリーン系で2つ持っているとオリーブ、ブルー系はモーブになる。(腰羽はグレー)
ルチノー遺伝子を持っていると(♀は1、♂は2)発現しない。
ダーク因子は羽根を弱める為モーブ同士の結婚は避けた方が良い。
余談)モーブは両親がダーク遺伝子を持っていないと生まれてこない。
パイド:羽色がまだら模様に色抜け(黄色または白)する遺伝子。
パイド斑と呼ばれるまだら模様は換羽のたびに変わる。
固体により色抜けの度合いが違うため同じ模様の子は存在することがない。
※パイドは必ず発現する為スプリットという形にはなりません。
バイオレット:腰羽根が濃いブルー。
ダーク因子を1つ持っていないと発現しない為隠れ遺伝子として存在する事が多い。
1つだとシングルファクター。2つだとダブルファクターと呼ばれる事がある。
スプリット:羽色に影響を与えていない隠れ遺伝子のこと。
〜ファクター:因子の事。シングルファクターは因子を1つ持っている、
ダブルファクターは因子を2つ持っている事を言います。
SF、DFという略を見ることがありますがそれは〜ファクターのことです。
例)バイオレットSF バイオレットDF
遺伝子略:
G…グリーン Da…ダッチブルー WF…ホワイトフェイス OF…オレンジフェイス
V…バイオレット D…ダーク因子 Lu…ルチノー P…パイド 米シナ…アメリカンシナモン
豪シナ…オーストラリアンシナモン

* 顔に影響してくる遺伝子G、Da、WF、OFは2つまたは1/1の状態で持つことが出来ます。
   例)シーグリーン WF1/Da1  ホワイトフェイス WF1/WF1
   同じ遺伝子を2つ持っている場合、子供にかならず1受け継がれます。



* 悠鳥 * 羽根色:ダークシーグリーンバイオレット 性別:不明
遺伝子:
パパ ダークシーグリーンバイオレット ルチノースプリット
         
ママ ダッチクリームルチノー(Dなし)
         

子供が生まれると同じ枠内の親の遺伝子を一つずつもらいます。
悠鳥はパパからWF1、V1、D1 ママからDa1をもらっています。
♂の場合、ママのLu因子を必ず一つもらうのでルチノースプリットになります。
パパとママがVを1つず持っている為SFDFか分かりません。


* 羽響 * 羽根色:シーグリーンモーブ 性別:
遺伝子:
親不明。兄弟にシーグリーンパイド。
親が不明な為、隠れ遺伝子は一切不明。
性別が♀と判明した為、シナモン、ルチノーの遺伝子を持っていない事が分かりました。


* 緋織 * 羽根色:アメリカンシナモン ブルースプリット 性別:
遺伝子:
パパ アメリカンシナモンダークシーグリーン
         

ママ ルチノーパイド バイオレット&ブルースプリット(Dなし)
         

パパが米シナ遺伝子を2つ持っている為子供達には必ず1つ受け継がれます。
その為米シナが発現しない子は♂、発現した子は♀と性別判断が可能です。
米シナが発現した緋織は♀になります。
隠れ遺伝子でWFまたはDaを持っています。→ブルースプリット
ダーク因子を持っていない為バイオレットは不明。


* * HOME * *

Copyright (C) 2009 Pretty Princess KIYUU All rights reserved.